アステル法律事務所

事務所番号096-352-0001
新規予約専用0120-94-7455

受付時間/平日9:00〜17:30

アステル法律事務所

事務所番号096-352-0001
新規予約専用0120-94-7455

受付時間/平日9:00〜17:30

topicsトピックス

トピックス

2017/04/06   法人の方  

契約書・契約に関して

「契約書の取り交わしを求められているが,内容がよくわからない」
「口頭で約束していた条件と違う内容の契約書を示されている」
「取引先に一方的に有利な条件で契約書を交わしたが,修正はできるのか」

 

契約者は取り交わしてしまうと,その有利・不利に関係なく,当事者はその内容に拘束されます。そのため,契約書の内容・効果をよく理解した上で取り交わすことが大切です。契約書は,本来は,口頭での約束から生じるトラブルを防ぐために作られるものですが,契約書の条項や文章表現によって解釈の違いが生まれ,トラブルに発展するケースが出てきます。訴訟になった場合,契約書の条項の解釈によって結論が変わることもあり,その結果として多額の違約金(賠償金)を払わざるを得ないことも出てきます。

弁護士に依頼することで,契約書の事前チェックや紛争が発生した場合の契約書から想定される効果の確認が行えます。また,弁護士に相談することで,契約者の問題となる条項について,自社にとって有利な解釈で論理構成をして交渉を行うことも可能です。弁護士が契約書を検討した上で,アドバイスを行いますので,トラブルが発生しても慌てる必要はありません。

当事務所では,業種・規模問わず,様々な企業の契約書のチェックのご依頼を受けてまいりました。契約書に関するトラブルや訴訟を数多く経験してまいりましたので,条項や文言に関するトラブルの争点を熟知しておりますので,貴社の力になることができます。

理想的には,顧問弁護士や継続的に依頼している弁護士に,日常的に契約書のチェックを受ける体制を整えておくことが良いかと思われますが,顧問弁護士がいない場合、契約書のチェックを頼むための弁護士費用を心配されて,チェックがなされないままになってしまうこともあるかと思います。

このような場合は,まずは「法律相談」を利用されることをおすすめします。
お気軽にご相談下さい。

Contact usお問い合わせ・法律相談のご予約

法的な問題でお困りの方は
まずはアステル法律事務所へご相談ください!

tel.0120-94くよくよ-74なし55GO! GO!

tel.0120-94-7455くよくよなしGO! GO!

受付時間/平日9:00〜17:30

PAGE TOP