アステル法律事務所

事務所番号096-352-0001
新規予約専用0120-94-7455

受付時間/平日9:00〜17:30

アステル法律事務所

事務所番号096-352-0001
新規予約専用0120-94-7455

受付時間/平日9:00〜17:30

Seminarセミナー・勉強会

過去に実施したセミナー・勉強会

このセミナー・勉強会は終了しました

当日の様子はこちら

~宅地建物取引業法・民法~

不動産業者が知っておくべき法改正

平成28年2月に「宅地建物取引業法の一部を改正する法律案」が可決され、平成30年4月1日付でインスペクションに関する新規定が施行されます。宅地建物取引業者にインスペクションに関する説明義務が付され、違反すると民事上の責任等を問われることもあり得ます。

また、昨年5月には民法改正案が可決されました。不動産業界では、多くの民法の規定が業務に関連しています。今回の改正で、売買・賃貸借関連の規定はもちろん、「瑕疵」も「契約不適合」という言葉に置き換わります。
法改正に伴い、各不動産業者における事前準備等も必要となり、改正内容を正確に理解することが必須です。

当事務所において、法改正により実務に与える影響や具体的な対策を解説するセミナーを企画しました。奮ってご参加ください。

日   時 2018年3月6日(火) 18:30~(受付開始 18:10)
会   場 三井生命熊本ビル4階会議室地図をみる
主   催 アステル法律事務所
講   師 下山和也    金子善幸
定   員 20名(定員になり次第締切)
受 講 料 3000円

State of seminar当日の様子をご紹介

いよいよ今年の4月1日から、改正宅地建物取引業法が施行されます。
宅地建物取引士の方々には、「インスペクション」に関する説明義務が新たに課されることになりますが、改正内容に関して正しい理解をしていないと、損害賠償責任を追及されることもあり得ます。
また、再来年の4月1日からは改正民法も施行される予定ですが、従来の「瑕疵」という言葉が「契約不適合」に置き換わり、他にも賃貸借関連の規定も多くの改正があり、契約書の改訂等の準備も必要になります。

今回の法改正セミナーでは、インスペクションに関して宅地建物取引士が説明すべき内容や、民法改正のうち不動産業者にかかわりが深い点をピックアップし、今後のリスクマネージメントに役立つ知識などを解説しました。
今回は、14名もの多くの方にご参加いただきました。セミナー後のお客様アンケートでは、「分かりやすく参考になりました。」等のほか、「民法改正についてもっと知りたい」、「クレーム対策をもっと知りたい」等、次回以降のセミナー内容を検討するにあたり、大変参考になるコメントもいただきました。
この度は誠にありがとうございました。

イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像

Contact usお問い合わせ・法律相談のご予約

法的な問題でお困りの方は
まずはアステル法律事務所へご相談ください!

tel.0120-94くよくよ-74なし55GO! GO!

tel.0120-94-7455くよくよなしGO! GO!

受付時間/平日9:00〜17:30

PAGE TOP