アステル法律事務所 熊本の弁護士法人 アステル法律事務所

新規予約専用 受付時間/平日9:00〜17:30
0120-94-7455
熊本本店
TEL.096-352-0001
八代オフィス
TEL.0965-39-5368
水俣オフィス
TEL.0966-84-9068
東京オフィス
TEL.03-5357-1835

アステル法律事務所 熊本の弁護士法人 アステル法律事務所

新規予約専用0120-94-7455
事務所番号 熊本本社
096-352-0001
八代オフィス
0965-39-5368
水俣オフィス
0966-84-9068
東京オフィス
03-5357-1835

受付時間/平日9:00〜17:30

topicsトピックス

労働法トピックス

2017/04/06   労働法トピックス   賃金・手当  

従業員の労働条件の変更 賃下げ


給料のような労働条件は,会社と従業員との間で合意した労働契約に基づくものですので,原則として,ある従業員の能力や成績が悪いからといって,当初定めた給料について会社側から一方的に賃料を減額することはできません。

一方,個別の従業員の賃金を切り下げるのではなく,就業規則において,賃金制度自体を,年功序列型の賃金制度から人事考課査定に基づく成果主義型に変更することについては,基本的に変更の合理性が肯定される傾向にあります。

ただし,かつては,人事考課に基づく減額について会社の裁量権が概ね認められる傾向にありましたが,現在は,人事考課基準の明確性が求められています。このため,人事考課制度を定めたとしても,基準が明確でない場合には,個別具体的にその人について「著しい能力の低下・減退」があったといえるのかどうかの主張立証を求められます。

こうなると,会社側としては苦慮してしまいます。人事考課査定に基づく成果主義型の賃金制度を創設する場合には,その基準を明確に定めておくべきです。

そして,その基準に従った適切な人事考課査定を実行し,実態を伴わせておくべきと考えられます。

 

 

お困りの際は、弁護士法人アステル法律事務所へご相談ください→https://www.aster-law.net/reservation/

Contact usお問い合わせ・法律相談のご予約

法的な問題でお困りの方は
まずは弁護士法人アステル法律事務所へご相談ください!

tel.0120-94くよくよ-74なし55GO! GO!

tel.0120-94-7455くよくよなしGO! GO!

受付時間/平日9:00〜17:30

PAGE TOP